· 

皮膚科と理学療法

都内の回復期病院で理学療法士を

 

しています地口麻衣と申します。

 

 

このたび、

 

アレルギーセラピストの東京会場で

 

学ばせていただいたご縁で

 

こちらのブログの方に記事を投稿

 

させていただくこととなりました。

 

 

私は現在、回復期病院の他に

 

都内の皮膚科で医師の下

 

日々学びつつ働いてます。

 

 

なぜ皮膚科?

 

そんな声が聞こえてきそうですが

 

ひとつは私自身も

 

皮膚炎を患っていたこと、

 

もうひとつは

 

アレルギーリハビリテーション

 

協会の及川さんが提唱されている

 

ようにアレルギーの疾患は

 

投薬だけでなく、

 

 

他部門の医療職が連携しながら

 

その患者さんの症状に

 

対応していくことが必要

 

 

だと考えているからです。

 

 

 

例えばアトピー性皮膚炎を

 

みてみると

 

"アトピー素因に基づく

 

 慢性的に湿疹・皮膚炎を

 

 繰り返す掻痒のある湿疹を

 

 主病変とする疾患„で、

 

 参考:新しい皮膚科学

 

 

皮膚に紅斑や湿疹を呈し、

 

掻きむしりによる皮膚のただれが

 

でたり、経過が長い方だと

 

暗褐色でざらざらとした

 

肌になります。

 

参照:新しい皮膚科学

 

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎の

 

ガイドラインをみると治療法は

 

薬物療法

 

②皮膚の生理学的異常に対する

 

 外用療法・スキンケア

 

③悪化因子の検索と対策

 

とありますが、

 

 

私も別の皮膚炎でそうだったのですが、

 

投薬・保湿を中心とした治療で

 

キレイに肌がなる患者さんもいれば、

 

どんどん悪化していって常に肌が

 

ジュクジュクと炎症してしまっている

 

患者さんもいること。

 

 

遺伝的に皮膚バリアを作るたんぱく質が少なく、

 

アレルギー気質が根本にあることも要因の一つですが、

 

その他の理由の一つに

 

血流が滞りないか

 

あげられると思います。

 

 

アトピーの患者さんの運動療法を

 

受けもつ機会が最近増えたのですが、

 

みなさん多くが、姿勢・歩容の崩れ、

 

体幹を中心とした筋力の低下を認めます。

 

合わせて体がとっても固いこと固いこと…

 

部分部分ほってたり、

 

汗をかかなかったりする箇所があるということ

 

 

上記のことがアトピーとどう関係があるかというと、

 

◎全身の血流・リンパ流の循環を妨げるか

 

妨げず、より循環を促進する身体であるかどう

 

自律神経がバランスよく働いているか

 

だと思います。

 

 

皮膚の細胞は

 

動脈→毛細血管に染み出た組織液から

 

栄養分を受け取りますが、

 

逆に代謝で出た老廃物は

 

静脈やリンパにのせて体表から回収します。

 

 

 表皮の厚さはおよそ0.2mmと言われていて、

 

その下の真皮に

 

毛細血管やらリンパ管やらが詰まっているわけです。

 

 

参照:新しい皮膚科学

 

 

そんな表層にある血管類が

 

例えば姿勢アライメントが崩れて、

 

頭部が前に変位していて、

 

大胸筋が固く巻き型で、

 

下部体幹が弱く、

 

座位では常に股関節を

 

つぶして座っていたとしたら、、?

 

 

血流が滞り、

 

栄養が皮膚に行きづらくなるどころか

 

炎症を起こす肥満細胞やアレルゲンも

 

一部分にとどまりやすいとことで、

 

より感作が起き、炎症が蔓延化してしまう。。。

 

その姿勢であれば

 

自律神経を含む脊椎の動きは少なく、

 

 

自律神経の働きは弱い可能性があります

 

(↑くわしくは及川さんのセミナーでぜひ!)

 

 

姿勢や歩行・筋力の改善には

 

もちろん薬にはできません。

 

しかし、がむしゃらに

 

運動すればいいものでもありません。

 

 

疾患・生理学・解剖学的に

 

リスクも踏まえて

 

運動内容や負荷量を考えられる

 

セラピストだからこそ

 

効率的に安全に運動を

 

処方できるのではないでしょうか

 

 

まだ薬と併用にはなりますが、

 

姿勢や歩行を指導された患者さんが

 

次の受診の時には、

 

「湿疹がだいぶ減りました」

 

「以前ほど痒みを感じにくくなりました」

 

 

と嬉しそうに話す患者さんも見えます。

 

 

 

・適切な診断と治療方針を

 

 示してくれる医師がいて

 

・患者さんに合わせた運動処方

 

 が出来るセラピストがいて

 

また、今回は書けていないですが

 

・皮膚にとって必要な食事療法を

 

 指導してくれる栄養士がいて

 

・慢性的な皮膚炎に苦しみ、

 

 抑うつ状態にある患者さんの

 

 メンタルフォローをする臨床心理士がいて…

 

 

それぞれの職種の得意分野を持ち寄って、

 

患者さんをチームフォローできる、

 

そんな病院があってもいいのではないかと思います。

 

 

 

最後まで長文お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

【研修会案内】 

日本アレルギーリハビリテーション協会

 

【福岡】

アレルギーセラピストbasicコースin福岡

 

【北海道】

自律神経セラピストbasicコースin北海道

 

詳しくは、

日本アレルギーリハビリテーション協会

研修会案内をご覧ください。

  

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜