· 

2019年の目標

アレルギーとたたかう

理学療法士 及川より

 

 

2018年もすでに3分の1が終了ですね。

この4ヶ月、様々な方とお話しする中で、

 

来年やるべきことが明確になってきたので

 

年末年始でも年度末でもないですけど、

 

2019年の目標、やるべきことを宣言しておきます。

 

 

 

 

 

 

・学会発表(東北理学療法学術大会2019/9/14•15)

 「アレルギー疾患の患者さんのシングルケーススタディ(仮)」

 

・論文投稿

 「アレルギー疾患に対する評価・介入方法」

  (論文:未定)

 

・医師の先生をお呼びしての研修会開催

 (アレルギー科、小児科など)

 

・研修会への参加

  医師、薬剤師、臨床心理士など、アレルギー疾患に関わる他職種が開催している研修会への参加

 (アレルギー学会も含む)

 

・患者会への参加

 (アレルギー疾患を持つ患者さんの会)

 

 

 

アレルギー疾患を持つ患者さんを

 

元気にしていく上で大切なことは

 

様々な専門職の人が連携して

 

患者さんやご家族と関わっていくことだと

 

実感しています。

 

 

 

そのために、

 

 

上記のことを一つ一つ行っていきます。

 

 

 

実現には、たくさんの方の助言が必要になると思います。

 

 

その都度、相談するかと思います。

 

 

宜しくお願い致します🍀。

 

 

 

2018.4.30

 

日本アレルギーリハビリテーション協会 

及川文宏

 

 

 

 

 

 

【日本アレルギーリハビリテーション協会】

 

今後の研修会や

アレルギーセラピストコース

自律神経セラピストコース

などの予定につきましては、下記のリンクをご確認ください。