· 

皮膚炎にセラピストができる効果的な治療とは?

皮膚科に勤める

理学療法士 地口より

 

本日は皮膚科の当院でも

 

大事にしている

 

皮膚と姿勢について

 

書かせていただきます。

 

 

 

突然ですが、みなさん

 

ビタミンはどこで

 

吸収・合成されるかご存知ですか?

 

 

 

理科の教科書でも学ぶ通り

 

吸収の多くは小腸

 

最近の知見だと合成は

 

大腸の腸内細菌が

 

担っていると言われています。

 

 

 

皮膚科でよく出会う

 

アトピー

 

脂漏性皮膚炎

 

口角炎

 

尋常性ざ瘡、、

 

 

これらに対して

 

 

ビタミン剤が

(特にビタミンB群・C群)

 

処方されます。

 

 

 

この場合 

 

例えば

 

便秘・下痢だったりすると

 

これらは

 

吸収・合成されにくくなります。

 

 

 

出典:新しい皮膚科学 第2版

 

この場合 

 

例えば

 

便秘・下痢だったりすると

 

これらは

 

吸収・合成されにくくなります。

 

 

 

飲んでいるけど

 

効いているか効いていないか

 

よくわからないという声も。

 

 

 

 

このような場合

 

 

姿勢を見てみてください⭐️!!

 

 

 

腸をつぶすような

 

座位姿勢や立位姿勢

 

になっていないですか??

 

 

 

 

骨盤を起こし

 

アップライトでいて

 

腹部を伸ばさないと

 

内臓につながる筋膜のテンションも

 

緩み過ぎてしまい

 

歩行時の床反力も

 

内臓に適度な刺激となりません。

 

(この辺はアレルギーセラピスト basic course で少し話がありました)

 

 

是非一度、

 

こういった疾患をもつ方がいたら

 

一度姿勢をチェックしてみてください

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

【研修会案内】 

日本アレルギーリハビリテーション協会

 

 

 【Web】2017年11月8日(水)

『便秘の評価と治療』

〜ウンチが出ないのはなぜか?〜

日時:2017年11月8日(水)
 21:30〜22:30

詳細:ブログよりご確認ください。

お申し込みは

こちらよりお願いいたします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/8b8d9bc3535432

 

 

現在募集中のコースの一部

【福岡】

アレルギーセラピストbasicコースin福岡

 

【北海道】

自律神経セラピストbasicコースin北海道

 

詳しくは、

日本アレルギーリハビリテーション協会

研修会案内をご覧ください。

  

ぜひセミナー情報をチェックしてみてください!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜