· 

蕁麻疹と湿疹の違い

アレルギーとたたかう

理学療法士 及川より

 

 

 

 

 

蕁麻疹と湿疹の違い

 

 

症状が24時間以内に

 

跡形もなく消えるかどうか

 

 

で、医師は判断するそうです。

 

 

 

24時間以内に

 

跡形もなく消えてしまう

 

ことが確認できれば

 

  ↓↓↓

 蕁麻疹

 

と判断するそうです。

 

 

(ただし、痒みを伴わず、一度症状が現れると2、3日持続することが多い血管性浮腫や、蕁麻疹様血管炎など特殊な蕁麻疹もあります。)

 

 

一方で

 

 湿疹 は???

 

 

 湿疹は、

 

・通常は24時間以内に

 消えることはない

 

・数日から数週間にわたって

 症状が続く

 

・症状が治った後も

 シミになってしまう場合や

 カサつきが残る

 

 

 

医師が行う確認方法に

 

以下のようなものもあります。

 

 

・透明なプラスチック板などで

 皮膚を上から押さえる

 

A → 膨疹は消えて見えなくなる

  → 蕁麻疹と判断される

 

B → 膨疹は消えることはない

  → 湿疹と判断される

 

 

 

・物理的な刺激を加え

 その反応を診る

 

 機会性蕁麻疹の患者さんは

 皮膚表面を強くこすることで

 線状の皮疹が出現する

 

 

 

 

この他にも

 

蕁麻疹の病型を確定するための

 

検査は様々あるそうです。

 

 

 

驚くことに

 

アレルギーが原因で

 

蕁麻疹が発症する方は

 

蕁麻疹全体の5%にも満たない

 

ということです。

 

 

それだけ

 

蕁麻疹には、多様が原因があることを

 

知っておかなければなりません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

蕁麻疹の原因について

 

知りたい方は

 

こちらをご覧ください。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

【研修会案内】 

日本アレルギーリハビリテーション協会

 

現在募集中のコースの一部

【福岡】

アレルギーセラピストbasicコースin福岡

 

【北海道】

自律神経セラピストbasicコースin北海道

 

詳しくは、

日本アレルギーリハビリテーション協会

研修会案内をご覧ください。

  

ぜひセミナー情報をチェックしてみてください!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜