· 

紫外線の影響について〜乾燥〜

皮膚から人を元気にしたい

 

理学療法士の高橋美穂です。

 

 

紫外線を受けた皮膚に起こるトラブルとして

 

①免疫機能低下

②表皮の乾燥

③日焼け(赤くなる、黒くなる)

④シミ・しわ

 

があり、前回は①免疫機能の低下について

 

お伝えしました。

 

今回は②表皮の乾燥についてです。

 

 

紫外線は皮膚の保湿機能を低下させます。

 

紫外線によりどうして表皮が乾燥してしまうのか・・・?

 

 

それは、紫外線は非常に強いエネルギーの光のため

 

UV-Aは真皮層のコラーゲン繊維の破壊

 

UV-Bは表皮最下層の基底層の細胞を破壊

 

ダメージを与えます。

 

 

私たちの身体は、この紫外線による

 

細胞の破壊に対し、

 

細胞の増殖スピードを早める

 

ことで対応します。

 

 

その結果、紫外線を浴びると

 

一時的に表皮のターンオーバー(新陳代謝)

 

が早まります

 

 

 

 

『ターンオーバーが早まる』

 

と聞くと良いことじゃない?

 

と思ってしまいますが、そうでもないのです・・・。

 

 

なぜなら、基底細胞の増殖スピードが早まると

 

そこから生まれた表皮細胞(ケラチノサイト)は

 

不完全なまま作られ、そのまま上に押し上げられて

 

いきます。

 

 

 

表皮細胞の大きな役割である

 

保湿

 

が不完全なため、十分に働くなくなります。

 

皮膚の保湿の重要性は以前ブログでお伝えしました。

http://ameblo.jp/hanaharumiho/entry-12217367017.html

参照ください。

 

特に、皮脂膜・細胞間脂質・NMF成分の働きを弱めます

 

 

こうして、表皮は水分を保てず

 

皮膚のバリア機能をも低下させていきます。

 

 

また、夏場は

 

シャワーや合成界面活性剤の洗浄剤の使用回数

 

エアコンによる空気の乾燥

 

表皮の乾燥の引き金になります。

 

 

次回は日焼けについてです・・・。

*ブログ内の写真はネットよりお借りしています。

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

 

日本アレルギーリハビリテーション協会

 

 

長野リハビリテーション研究会ACT

 

 

ぜひセミナー情報をチェックしてみてください!

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

高橋美穂