内臓 · 18日 10月 2019
この動画では以下のような内容が含まれます。 ・内臓を評価するべき理由 ・内臓と理学療法 ・呼吸と内臓の動き ・内臓に対する徒手的介入の概念 ・便秘解消のためのセルフエクササイズ 「便秘」や「内臓への介入」について詳しく知りたい方は、動画をご覧ください。
内臓 · 18日 10月 2019
2019年9月にフィリピンにて開催された 以下の講習会の【動画】について公開します。 動画で使用している「スライド」をご覧になりたい方は、 こちらにアップしております。 【動画の内容】 便秘に対する内臓介入(講義) ・自律神経とは何か? ・便秘の原因 ・便を我慢する−便を出すとは?...

内臓 · 18日 10月 2019
フィリピンにて、現地の理学療法士の方たちに対してお伝えした内容のスライドをここにアップします。(これらのスライドを使って講演させていただいた動画もアップしています。 これ以降のスライド(12枚)には、このような内容が含まれます。 ・内臓を評価するべき理由 ・内臓と理学療法 ・呼吸と内臓の動き ・内臓に対する徒手的介入の概念 ・便秘解消のためのセルフエクササイズ
アトピー性皮膚炎 · 01日 10月 2019
2019年9月14日・15日に開催されました第37回東北理学療法学術大会 にて 「アトピー性皮膚炎に対する理学療法」 というタイトルにて発表してきました。 発表時のスライドには、評価・介入・考察の内容の一部しか入れられませんでした。 ・介入前後の写真 ・評価、介入内容、帰結評価、考察の全文 などについて詳しくご覧になりたい方は、続きをご覧ください。

自律神経 · 06日 9月 2019
クライアントの状態を数値化して、評価・介入していくことは重要な視点ですね。 それを助けてくれる指標は1つでも多い方がいいですね。 信頼性のあるデータを集めていかないといけませんね。
自律神経 · 25日 8月 2019
3ヶ月に及ぶ東京での自律神経セラピストbasicコースが終了しました🌸

研修会 · 02日 8月 2019
3ヶ月に及ぶ福島での自律神経セラピストbasicコースが終了しました🌸
自律神経 · 18日 7月 2019
このような患者さんを担当したことがある理学療法士は多いのではないでしょうか? ・患者さんが身体に触れるだけで全身の筋緊張が亢進してしまう ・関節や筋を動かしたいのに思うように介入ができない ・触れれば触れるほど、患者さんの力が入ってしまう ・患者さんの回復が遅れる(入院が長引く、再手術になるなど) ・夜、ぐっすり寝れていない このような場合、筋や関節の問題だけではなく、自律神経に問題がありそうだなぁと感じるのではないでしょうか。 『交感神経が優位になっていて、筋緊張が亢進している』 と考えられますよね。 でも、この現象、生理学的に説明できますか?

研修会 · 12日 7月 2019
主催:RIMILE 近年、女性の自律神経症状を訴える人達は急増しています。テレビやネットでもこの言葉を耳にすることは増えてきています。我々、セラピストは自律神経症状がどのような発生機序で生じているかを理解しなければなりません。これらを理解した上で評価、治療に繋がっていきます。...
講演会 · 12日 7月 2019
●今回の講演会で、知ることの出来なかったアトピー性皮膚炎のことやその他のアレルギーについての疑問点がありましたら、ご記入ください。 ・20代女性なのですが、年齢を重ねるたびにアトピーは軽くなっているように感じます。しかし、10代の時に皮膚を書いてしまったあとが茶色く残っています。あとを薄くするためには日常生活で行った方が良いスキンケアはありますでしょうか? 「茶色く残っている」のかまだアトピーの状態が残存しているのかによって対処の仕方がことなりますので、一度診察を受けたほうが良いと思います。アトピーは完全に治っているのであれば、時間はかかりますが徐々に薄くはなってくると思います。       ・アトピー性皮膚炎がなかなか治らない(1歳半〜アトピー性皮膚炎を治療中、現在4歳4ヶ月)。なかなか治らない原因(自分の子供だけでなく一般的に)というのを知りたい。  講演でもお話したとおり、治療が不十分である可能性が大きいですが、処方する側(医師)の問題と処方されて使う側(患者様)の問題とありますので一概にお答えは難しいです。  

さらに表示する